若松孝、ジャズ、テナーサックスプレーヤーのページへようこそ。
トップページ
プロフィール
ライブスケジュール
今月
来月
前月
リンク
ライブハウス
ミュージシャン、フレンズ
若松孝の音楽プロフィールです。

1957年4月7日、東京生まれ。
血液型O型。
成蹊大学モダンジャズグループにてテナーサックスを始める。
ビクター大学対抗ジャズコンテストで所属バンドがグランプリを受賞。
座間の米軍キャンプでセッションを重ねる。
テナーサックスを宮田英夫氏(Fl、Ts)に師事。
基本的には独学です。
1983年、諸田富男(Ds)率いる諸田六重奏団に参加。
ジャズスポットJ(新宿)等に定期的に出演。
1989年浅草ジャズフェスティバルで当バンドがグランプリ受賞。
シドニーマンリージャズ祭に出演。
吉祥寺音楽祭優秀賞受賞。
諸田六重奏団時代に、池田篤(As)山田穣(As)等多数ミュージシャンと交流。
2001年1月より自己のバンドで都内各ジャズクラブにて活動を開始。
2007年7月、ファーストCD「大河」をリリース。
スイングジャーナル、ジャズライフ、ジャズ批評のディスクレビューにて好評を博す。
2008年12月 、セカンドCD「ネイチャーボーイ」をリリース。
スイングジャーナル、ジャズライフのディスクレビューにて好評を博す。

・ ファーストCD「大河」ディスクレビュー
2007年9月号スイングジャーナル
2007年9月号ジャズライフ
2007年9月号ジャズ批評
・セカンドCD「ネイチャーボーイ」ディスクレビュー
2009年1月号スイングジャーナル
2009年1月号ジャズライフ

スイング、ハードバップ、フリー(アバンギャルド)、アフロキューバン、ファンクと
ジャンルの枠にとらわれないジャンルのコンボアレンジでアドリブを創造し、
ボーカリストとのセッション伴奏を多く心がけることで歌心を養い、
ビックバンドにてアンサンブルを養い、
そして自身のジャズスタイルを探求しています。
自身の会社(CD制作等)の経営をしつつ精力的にライブ活動をしています。
アイドルミュージシャンは、コールマンホーキンス、レスターヤング、エディロックジョディビス、ベンウェブスター、ジーンアモンズ、デクスターゴードン、ソニーロリンズ、ジョンコルトレイン、ウェインショーター、スタンレータレンタイン、アルバートアイラー、オーネットコールマン、エリックドルフィー、デビッドマレイ、チャールズロイド、パキードデリベラ、パポ・ルッカ、エディー・パルメイリその他多数、数え切れません。
崇高なミュージシャンのエッセンスを音源から学び 「フレージングよりフィーリングをコピーしたい」と思っています。